晶平鍛刀道場

日本人は古来から、刀の地鉄や焼き刃に美しさや
神秘性を求めてきました。
美しく品位の高い刀を持つことは、貴族や武士のステイタスであり、家を守り、己を守り、一切の魔を斬る「お守り刀」として現在まで受け継がれてきたのです。

私の夢は、千年の後まで名刀として受け継がれる作品を作っていくことです。
「折れず、曲がらず,よく斬れる」という機能は、刀として当然持っていなくてはなりません。
しかし、品位と美しさを併せ持たなくては「日本刀」とは呼べないのではないでしょうか?

「見えないところにこそ良い仕事をしろ」という、故人間国宝 宮入行平師とわが師 宮入小左衛門行平の言葉を胸に作刀に励んでいます。

先手を使っての
古式鍛錬

撮影
セルゲイ・
ミンガジェフ